ファクタリング問題を解決するには弁護士に相談する以外にありません!
一択なのです!



ついファクタリングを利用してしまった!

「周りに迷惑が掛かるので、何とかして返済したいけど、返済できる見込みがない…。」

「ファクタリング会社から執拗に回収を迫られている!」

「金利が高すぎて返済、無理…。」

このような方に向けて、ファクタリング問題の解決方法をお伝えします。


以下についてどれかひとつでもあてはまる場合は偽装ファクタリングです。

  • 2社間ファクタリング
  • 個人保証が付く場合
  • 買い戻し前提の場合
  • 回収委託契約がある場合

今すぐファクタリング会社への支払いを止めて、法律事務所へ相談して下さい!

≫≫≫ファクタリングからの脱却は「シン・イストワール法律事務所」


もう無駄なお金を払わないで!

なんとファクタリングの98%以上が偽装業者です。

  • 債権譲渡登録された場合でも法律事務所へ相談して下さい。
  • 偽装ファクタリングは「不法原因給付」といって元金を含め返済義務は一切ありません。
  • 多くの偽装ファクタリングは利息制限法では違法金利です。
  • 個人保証をしてれば過払い請求ができます。(会社が倒産・解散した後でも諦める必要なし)

ファクタリング問題を解決するための法律事務所選びとは?

でも~、どこの法律事務所へ相談すればいいの?

どこでも同じ?

「いいえ」違います。

「どこでも同じ」ではありません。

ファクタリング問題を完全に解決しようと思ったらその道の専門家に依頼するしかありません。

一般的な法律事務所では、経験や専門知識がなく解決に至らないケースがあります。

したがって、ファクタリング問題に専門特化していて多くの実績を持っている法律事務所に相談することをおすすめします。

「他所では困難な悪質ヤミ金にも対応!!」


違法な金融業者にご注意!

こちらは金融庁のサイトです。

https://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/advice04.html

【抜粋】

違法な金融業者からの借入れに関する相談等

【相談事例等】
○ ファクタリング業者と名乗る者から、「借金をしないで資金調達が可能」との内容の勧誘文書がファックスで頻繁に送られてくる。これらの勧誘は信用できますか。

【アドバイス等】
近年、「ファクタリング」を装ったヤミ金融が横行しているとの報道等があることから、十分にご注意ください。
「ファクタリング」とは、一般に、企業が取引先に対し有する売掛債権をファクタリング会社が買い取り、買い取った債権の管理・回収を自ら行う金融業務をいいます。
このようなファクタリングの法定性質は、売買契約に基づく指名債権の譲渡であり、金銭の貸し借りではないので、貸金業の登録は必要ありません。
しかしながら、この「ファクタリング」とみせかけて、実際には、高金利で金銭を貸し付けている事例(具体的には、「ファクタリング」と称し、高額な手数料を差し引いて売掛債権の買取代金を支払う(貸し付ける)
一方で、当該債権の管理・回収を自ら行わず、同債権の売り主をして売掛債権を回収させた後、回収した売掛金を原資として買取代金を返済させるもの)が発生しています。
ファクタリング契約や売掛債権売買契約において、譲受人に償還請求権や買戻請求権が付いている場合、売掛先への通知や承諾の必要がない場合や、債権の売り主が譲受人から売掛債権を回収する業務の委託を受け譲受人に支払う仕組みとなっている場合は、ファクタリングを装ったヤミ金融の可能性が高いことから、相手方業者の貸金業登録の有無を確認のうえ、手数料(又は債権額と買取額の差)が年率換算で事実上の高金利になっていないか、十分にご注意ください。


警察に相談するか?法律事務所へ相談するか?

このように迷われる方も多いようです。

取立てにおける脅しやしつこい電話、傷害などの精神および人身被害など、既に実害が出ているケースは、取り急ぎ警察署に相談して下さい。

しかし、厄介なことに警察に相談して一時的に落ち着いても、完全な解決には至らないケースも多いようです。

ずいぶん改善されたようですが、以前は警察に電話したけど親身になって取り合ってくれない「自殺するしかない」と思い詰める被害者も少なくなかったといいます。

根本的にファクタリング問題を解決するには実績が多い法律事務所に依頼するしかありません。

したがって、

今すぐに支払を止めて!ファクタリング問題に専門特化している法律事務所に相談を!


ダメ!ダメ!そこに相談してはいけません。

(1)NPO・○○の会・○○相談所等の整理屋に要注意!
弁護士または認定司法書士以外は代理権がなく違法事務所
(2)闇金に対して元金の返済を推奨する事務所に要注意!
特殊な事情や強い要望が無い限り闇金対応に不慣れな事務所
(3)闇金から紹介される非弁提携事務所に要注意!
当然闇金との提携は禁止されており完全な悪徳事務所

相手は悪質な闇金プロ集団です。

あの手この手でやってきますので気を付けて下さい。

少しでも疑問に思ったら、いかがわしい事務所や相談所へ連絡しないようにして下さい。


【プロフィール】

少しだけ私の話をさせて下さい。
この記事を書いている私は、東日本大震災の影響を受けて会社を倒産させた自己破産の経験者です。
当時、ものすごく悩み苦しみましたが今では心穏やかな生活を送っています。
私も弁護士に相談するときにずいぶん悩みました。相談したらもう引き返すことは出来ない、自己破産の道へまっしぐらだと思ったからです。
今まで一生懸命、正直に生きてきて、その結果が自己破産かよ!なんともやるせない気持ちでした。
でも「もう無理」だったんです。もがいても立て直す見込みはありませんでした。
だったら早ければ早いほど、立ち直りも早くなる!
もしも、当時の私と同じ境遇で挽回する見込みが無いのであれば、出来るだけ早く「無料相談」を受けることをおすすめします。
私の場合は幸いにして心身を病むことはありませんでしたが、悩みを抱えて悶々とした日々を送っていれば精神的に良いはずがありません。
「弁護士は用心棒」です。相談するだけでもずいぶん心が軽くなります。

 

もう悩むのをやめませんか?

借金問題を抱える多くの人は、こんなにお金で悩むなんて初めての経験です。

いろんなことを考えてしまうのは無理もありません。

どうしていいのか解らないから悩んでしまうのです。

「だったら解る人に聞く!」

これが問題を解決する一番手っ取り早い方法であり、これしかありません。

あなたの大切な人生を再構築するためにも一刻も早く法律事務所へ相談することが最善の策なんです。


なぜシン・イストワール法律事務所がおすすめなのか?と言うと

  • ファクタリングや闇金問題対応スタッフが在籍、妥協しない徹底交渉!
  • 元大手金融業スタッフが在籍、駆け引きを熟知した極限の交渉術で債権者側と交渉!
  • 多重債務経験スタッフが在籍、ゆっくりしっかり安心の無料相談!

このように専門特化したスタッフが揃っているからです。

そしてファクタリングや闇金問題を抱える多くの人が債務整理にも悩んでいます。


債務整理の4つの手段

債務整理には(任意整理、特定調停、自己破産、個人再生)の4つの手段がありますが、個人によって状況は様々です。

自分には、どの手段が良いか?

今後の人生を再構築するにはどうすれば良いのか?

このような悩みに対しては、豊富な実績を持つ法律事務所であればこそ的確な対応が取れるんです。

しかも全国どこからでも無料で相談することができます。

何度も申し上げますが、悩みを解決するには、

「その解決方法を熟知している専門家に相談する!」

これしかありません。

相談することが早ければ早いほど、今のピンチを切り抜け、あなたは早く立ち直ることが出来んです!

 

誰だって、返せないほどの借金を背負おうと思ってそうなったわけではありません。

しかし、返済が滞るほどに事態が悪化してしまった。

できることなら一発逆転の発想で現状を打破できないか?……そのように思うかもしれません。

しかし、あれこれ考えていくうちにどんどん脳内がネガティブな思考ばかりに占領されてしまいます。

こんなことでは、本業の仕事も上手く行きませんし、借金問題の解決になるアイディアも出るはずがありません。

悩んだ末に解決できるならオッケーなのですが、いくら悩みを深堀りしたところで解決の糸口すら掴めないまま時が過ぎていきます。

「まずは法律事務所に相談する!」

これが一番の方法であり、これ以外に方法はありません。一択なのです。

問題はどこの法律事務所に相談するか?

ここです。

あなたの周りに相談できる法律事務所があればそこに相談されるのも良いかと思いますし、どなたかのご紹介でも結構だと思います。

ただし、法律事務所はお医者さんと違って「内科」や「整形外科」のように専門科の看板を掲げている訳ではありません。

外見ではどこも同じ法律事務所に見えますが、債務整理を専門的にやられている法律事務所の方が当然ながら問題解決能力が高いわけです。

もう法律事務所選びで、失敗の上塗りだけはしたくないですよね!


シン・イストワール法律事務所は20000件を超える債務整理の実績がある!

シン・イストワール法律事務所には豊富な実績があり、相手が闇金でも妥協しない徹底した交渉を行います。

債務整理には4つの手段があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 自己破産
  • 個人再生

あなたがおかれている状況や希望を踏まえて、じっくりと話し合いをしながらすすめます。

自己破産も時として有効な手段ですが、どうしても自己破産だけは避けたいと言う方もいます。

何がベストなのか? 何がベターなのか?

シン・イストワール法律事務所は、債務整理に専門特化した法律事務所なので、対応するスタッフがそれぞれのキャリアを活かして対応します。

任意整理

任意整理とは、弁護士が法律のもと、債権者と交渉して、出資法、利息制限法で計算し直し、債務不存在(既に債務が無い)、不当利得返還請求(不当な利息を返してもらう)、過払金返還請求(払い過ぎた利息を返してもらう)等の方法を用い、正当な残債がある場合は、合意和解の上、無理のない一括、分割返済をしていく法的手段です。

特定調停

特定調停とは、裁判所のもと調停委員が仲介に入り、借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。

自己破産

自己破産とは、借金超過で支払い不能、若しくは支払いが困難に陥っている債務者(法人・個人)を救済して再建のチャンスを与えるべく、借金を『ゼロ』にする法的手段です。

個人再生

個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)とは、自宅、所有物件等の不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して、(確定債務額の5分の1又は100万円のいずれか多い額、100万円未満はその債務額)ゆとりのある分割返済をしていく法的手段です。

その他、過払い金の相談も受け付けていますので、一緒に相談して下さい。


「借りたものは返すのが当たり前!」ではありません。

子供の頃から「借りたものは返しなさい」そう教えられたかもしれません。

しかし、その責任を果たそうとするがあまり精神的に追い詰められて心や体が病んでしまったらどうしょうもありません。

チャレンジしたけれど上手く行かなかった!

こんなケースはこの地球上で山ほどありますし、失敗した人は星の数ほどいます。

あなただけが特別に悪いわけではありません!

「債務整理」は法律で与えられた正当な権利です。

この権利を利用して再スタートを切るためにまずは無料で相談してみましょう!

相談を受けるには2つの方法がありますが、どちらも無料で全国どこからでも相談することができます!

地方の小さな町だと法律事務所がなくて、隣町まで足を運ばないといけないケースもありますし、法律事務所に出入りするというだけで、人目に気を遣わなければならないこともあります。

逆に都会であっても人通りの多いところでは、やっぱり同じく人目が気になります。

なので直接法律事務所へ出向く必要のない無料相談なら気軽にできます。


無料相談の方法

「メール」で相談するか「電話」で相談するかを選択できます。

 

24時間、年中無休!

「メール相談する」をクリック!

すると、専用のページに切り替わりますので、お問い合わせフォームに必要事項を記入してお送り下さい。
当日もしくは翌営業日までに返信が届きます。

受付時間は9:00~21:00
フリーダイヤル
年中無休

「電話相談する」をクリック!

すると、専用のページに切り替わりますので、ここの電話番号におかけ下さい。


因みに法律事務所に債務整理を依頼すると取り立てが止ります。

(貸金業法21条1項9号)

九 債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。

悩んでいる日々が続けば続くほど、支払いが続きますので、それだけ次のステージに進む事が困難になります。


まとめ

あなたがファクタリング問題の解決をお考えならば、迷わずに出来るだけ早く無料相談をして下さい。

相談するだけでも心が安らぎます。

ほんの少しだけ、その一歩を踏み出すだけで、新しい人生のスタートを切ることが出来ます。

相談相手の法律事務所選びで失敗しないためにも、ファクタリング問題に対して実績が豊富な法律事務所を選んで下さい。

シン・イストワール法律事務所は、ファクタリング問題に専門特化した法律事務所なので、対応するスタッフがそれぞれのキャリアを活かして対応します。

≫≫≫ファクタリングからの脱却は「シン・イストワール法律事務所」